あさりのみそしるダイアリー

ブラック社員がお届けする一貫しないネタの数々・・・おあがりよ!

さよならヤマダプレミアム

昨年5月から約1年間にわたり契約していた、ヤマダ電機の有料サービス「ヤマダプレミアム」。

今日、解約の電話をしました。
特に理由を聞かれることもなく、あっさり縁を切れましたね。

ヤマダ電機の会員としては今後も継続です。無料だし。

イメージ 1

これで、ヤマダ電機で契約していた「ゴールド会員」「プレミアム会員」のいずれのサービスも解約し、毎月ヤマダ電機におさめていた会員費はなくなりました。

むしろ今までなんでそんなのに加入してたの?店員にそそのかされたの?
と思うかもしれませんが、搾取されるだけのサービスをこの私が契約するはずないんだよなー?(´・ω・`)

昨年6月まではいろいろとメリットがありました。
そのメリットがポイントサービスの改悪により終わった後でも、残ったサービスを利用すれば、十分元を取れるものでした。

ただ、最近になって、ヤマダモールの50円相当のポイントでチャレンジできるゲームであたる300円引きクーポンの仕様まで変わり、301円以上の商品でないと使えなくなりました。

300円の商品は割とあるのですが、301円以上となると、かなり割高感が出てきます。301円なんて価格でパフォーマンスのいいものなんてないので、だいたい、350円とか、400円とかになってくるんですよね。

300円の商品なら、クーポン券利用で実質50円。
350円なら100円、400円なら150円。

ヤマダ実店舗で安いものでも買って、購入後チャレンジで100円分のポイントをネット限定300円分のポイントに交換すれば、さらに実質金額は下がります。

300円の価格帯だと、ソース付きパスタ2食とか、うどん3食とか、そういうものになります。
スーパーで買った方が安いラインを考えると、損益分岐点が必ずあるわけで、それが300円商品を実質50円で買えるラインだということです。


ヤマダモールの商品ラインナップがしょぼいのと、生活品の物価上昇や輸送コスト増に伴う相次ぐ値上げにより、半年前まで300円で買えたものが、350円とか、それ以上になっていたりします。
有料会員サービスの利用により得られる期間限定ポイントを毎月きっちり消費しないと払い損になってしまうので、コストとパフォーマンスの見合ったものを買っていたのですが、それも難しくなってきました。
そのため、今回サービスの解約に至りました。続けていてもメリットがないのでね。

普通にスーパーで買った方がはるかに安く、クーポン等でその価格差を帳消しにしてきたのに、これじゃあね。
それにストックももうそれなりにあるので、要らないものを無理やり買うことないんだよなぁ。。。

契約してアクションを起こすだけでザクザクポイントが貯まった1年前ならまだしも、今の悲惨な状況では、契約そのものを考えるレベルです。
ヤマダ電機ももう長くないとしたら、こちらも貯めてきたポイントの出口戦略を考えなければなりませんね。


え?
50ptで当たるかもしれないクーポンがハズレたら、実質の価格も上がるじゃんって?
・・・もし、クーポンを50ptで入手できる手段があるとしたら?(´・ω・`)