あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

JR東日本に搾取されかけたお金が戻ってきました

昨年12月ごろに、スマホが故障して端末まるごと別物に変わることになったので、その時にSuicaの機種変更手続きをしました。

タッチはできませんでしたが、USB接続したマウスによる操作はできたので、諸々の移行作業を行っていたのですが、モバイルSuica会員のログインID(メールアドレス)とパスワードが分からなくなってしまい、移行先の新しいスマホでログインできなくなってしまいました。

これだけなら、別に搾取も何も問い合わせればいいだけなのですが、モバイルSuicaの問い合わせ窓口に何度電話しても、常に話し中のためつながりません。

運よく音声案内が来ても、ずっとメロディーが流れているだけでその先につながりません。
これ以上の職務怠慢があるでしょうか?


ウェブサイトのパスワードを忘れた人向けのページも、メールアドレスなど必要な情報を入力してもその先にいけなかったり、最終的に正しかったメールアドレスでもはじかれたりと、ろくなものではありませんでした。(ちなみに迷惑メールフィルタは無関係です)

夏ごろに一度その辺の手続きがリニューアルされたのですが、状況は変わらず。
あいかわらず電話もつながりませんでした。
担当の人の声は結局一度も聞かずに終わりました。


そんな中、おととい、おもむろにスマホを操作して、正しいメールアドレスを入力したところ、何かが改善したのか、メールボックスにモバイルSuicaからメールが届きました。

パスワード変更手続きなど所定の手続きをおこなうことができ、あと少しで1年というところで無事に機種変更手続きを終えることができました。

JR東日本に一時的に拘束されていたお金は約4000円。
これはけっこうでかい。


みなさんもあきらめてからだいぶ時間が経っているのであれば、試してみてはどうでしょう?