あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

アイオーデータから「新4K8K衛星放送」に対応した4Kチューナーボックスが出る・・・かも?

アイオーデータでは、「新4K8K衛星放送」に対応した4Kチューナーボックスを開発中ということで、ニュースリリースが掲載されました。

〇 「新4K8K衛星放送」に対応した4Kチューナーボックスを開発中。年内の出荷を目指す。 | IODATA アイ・オー・データ機器


まぁ、アイオーデータに限らず、いろいろなメーカーで今年12月からはじまる新しい4K放送に対応したチューナーが開発・リリースされることが予定されています。

低価格路線で行ってもらえるといいんですが、1台あたり3万以上、新4K放送対応チューナーを搭載したテレビも、初期型はかなり高価になることが予想されます。

新しい4K放送は、現在販売されているテレビ、レコーダー、チューナーでは視聴することができません。また、BSアンテナも対応したものに交換しなければなりません。視聴するにも、受信環境を導入するにも、高額な負担を視聴者は強いられるわけです。

そもそも、現在の地上波HD放送でも画質に不満はないわけで。
それに、フルHDなど、4Kではないテレビを持っている方が、4Kチューナーを購入したところで、主題となる画質の恩恵はまったく受けることができません。画質のキレイさをもとめるならば、4K対応テレビに買い替える必要があります。

つまり、今年12月の時点で、新しい4K放送を視聴するのに十分な環境を持っている世帯は、かなり少数なわけです。導入コストに見合った番組を視聴できるかどうかは、放送がはじまらないと分からないわけで、放送開始から2~3年程度は、その見極め期間として、あまり普及には至らないと思います。

当面の新4K導入の最大のメリットは「2020年に予定されている東京オリンピックを、より高画質で家にいながらたのしむことができる」という点になります。オリンピック特需のようなものになりますが、これに備えたい方は、来年から準備を進めることになるでしょう。(オリンピック直前では、設置業者が忙しくなるかもしれません。)

2022年になれば、それなりに良いマンションには標準で新4K放送対応のアンテナ設備が設置されはじめ、また放送番組の評価も出回り、チューナーの価格も安定してくるはずですから、その頃にまた検討してみててもいいとは思います。

私も、テレビ大好きっ子としてはかなり興味があるのですが、なにせアンテナを設置できないので・・・。詰んだ。
まぁ、いろいろ情報が出てきてから考えます。
うちのテレビにも、スカパー!4K対応チューナー(現行の4K放送サービス対応チューナー)が搭載されていますが、結局アンテナをうまく設置できずに終わりましたからね。3Dにも対応しているし、専用グラスも買ったのに、数回しか使っていない(´・ω・`)

結局、普段使わないような機能は、使わないんですよ(´・ω・`)
なので、急ぐ必要はないなというのが、今回の判断です。