あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

年明けた直後

イメージ 1

年明け後、パソコンのHDD内のファイルをいじっていたら、突然、認識しなくなりました。


2015年1月1日、0:10ごろのこと。
新年早々、イヤな感じですね・・・。

Windows Vistaマシン、7マシンのいずれに接続しても、アクセスランプは点滅するもののエクスプローラがかたまってしまう状態になってしまいます。

コマンドプロンプトからチェックディスクを試みるも、アクセスできません。

ほかに手はないかと、テレビのUSBポートに接続しても、中身のコンテンツにアクセスできず。

バッファロールーターAirStationのUSB-HDDをNAS化するためのUSBポートに接続すると、NASの設定画面からファイルサイズとフォーマットが表示されるも、NTFSファイルシステムはサポートしていないため中身までは参照できませんでした。

しかし、何が起こったのかわかりませんが、AirStationから取り外した後、Win7マシンにつなぐと、エクスプローラはフリーズせず、Hドライブとして認識してくれました。

ただ、チェックディスクを試みても途中で停止してしまい、Hドライブにアクセスすると、アクセス権がないといわれてしまいます。ドライブのプロパティからセキュリティを見てみると、設定がまるごとかき消された形になっていました。
つまりAdminアカウントであってもアクセス権がない、システムもアクセスできない、誰も中身を参照できない状況になっているらしい。


イメージ 2


インストール時のディスクも手元にないので・・・

しかし、空のDVDはある。
これは、復旧ディスクを作成し、PC起動時にDVDから復旧用OSを立ち上げて故障中のHドライブのチェックディスクを試してみるルートかな?


イメージ 3

以前も少し違うやり方で書いたかもしれませんが、Windowsボタンをクリックし、検索欄に「修復ディスク」と入力すると、「システム修復ディスクの作成」というアクションが出現するので、これをクリックして起動します。


あとは空のDVDを用意し、画面の指示に従って修復用のシステムOSをディスクに焼きます。

パソコンをシャットダウン(再起動)し、ブート時にCD/DVDドライブからOSを起動します。

コマンドプロンプトを開き、

chkdsk H: /V /R

と入力してEnterキーを押します。

あとは、どれだけ時間がかかってもとにかく待ちます。



・・・すると?

23個のバッドセクタを見つけたのでテーブルに記録したとのメッセージが出現し、チェックディスク操作は終了しました。


その後、通常通りOSを起動して、エクスプローラからHドライブにアクセス。


おっ!


イメージ 4

アクセスできました!

もちろん、フォルダ内のファイルにもアクセスできました!
やった!


正月早々、貴重なデータを失うことにならずにすんでよかったです。

ただ、バッドセクタということは、物理的にHDDがやばい状態になっているので、横浜宅に帰ったらさっさとデータを別のストレージに移す必要がありそうです。

まぁ、仮に壊れていたとしても、このHDDは、冬休み前にファイルをすべて別のストレージやディスクに移して空にして持ってきたものなので、失うものは何もなかったんですけどね。

連休中、昔のVHSカセットテープのHDDレコーダーへの取り込み作業をしており、取り込んだ動画ファイルをこのHDDに移動していました。
おじゃんになったとしても、マスターテープが手元にある限り、時間をかければ復旧は可能でしたが・・・。

その余計な時間をかけなくてすんだので、よかったよかったです。
実家にいるときしか、この作業はできませんからね。

次にくるときは、きっと8mmテープのダビング作業になると思います。
VHSもまだ残っているけれども、今回の作業の主目的は「昔の思い出ビデオを残しておきたい(by うちの親)」ですからね。
昔のよくわからないテレビ番組ではなくて。(私としては、よくわからない番組も残しておきたいんですが。)

8mm→VHSへのダビングも昔やったらしく、どこかに紛れ込んでいるはずらしいのですが、親が録った競馬番組が大半で、家族ものはわずかでした。また別の場所から発掘される・・・はずですが、とにかくまたの機会です。

VHSは3倍モードで録画すると1本あたり最大6時間近くダビングに時間を費やすので、なかなか終わりません。合間合間で放置してればいいだけなので、楽ではありますが(ダビングばかりしていたわけではない)。
とりあえずこの連休のダビング作業は、現在のレコーダー→PCへのダビングで終了です。

取り込んだファイルは横浜宅でDVDなりBDにパッケージ化して、次回帰省時に持ってくるつもりです。


話がそれましたが、とにかく横浜宅まで、バッドセクタが悪いことをしないよう、祈っています・・・。