あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

奨学金の返還完了証

学生時代は、大学~大学院の6年間を奨学金を借りて生活していました。

そして借りた奨学金は、学生ではなくなった今、返さなくてはなりません。

給付型じゃないんでね。貸与なのです。

日本学生支援機構の奨学金ね。


私が借りたのは以下の4種。

1.大学入学時
2.大学4年間
3.大学院入学時
4.大学院2年間

1と3は、入学時に払う入学金のため。
2と4は、授業料や生活費などのため。

この4種類それぞれに奨学生番号が割り当てられています。

私の場合、2と4は第1種、つまり無利子で貸与される奨学金なのですが、1と3は頭の良さに関係なく第2種、利子のかかる奨学金であります。

利子がかかる方は、さっさと返した方が、もともとの期間をかけて返すよりも、トータルでみた返還額は少なくなります。利子が少なくなるので。

あと、私の場合は機関保証なので、早く返すと保証期間が短くなり、貸与を受けているときに引かれていた保証金の一部が返ってくるとかこないとか。

と言っても、本来取られるはずだった利子分と返ってくる保証金の一部を足しても、入学時の奨学金なんて、借りた奨学金全体の1割程度なので、大した額ではないんですけどね。



イメージ 1

で、とりあえず利子のかかる分(1と3)だけでもハードル低いしさっさと返そうと思い、先月、1の全額返還を申し込みました。数十万円。

上の証明書は今日届いたもの。
4月1日~返還日(7月27日?)までの利子は1700円でした。



手元にはまだ、今回返した分より多いお金があるので問題なし。
ただ、何かあるかもしれないので、3の全額返還は可能だけれども保留。
今年中に3の全額返還を果たすつもりです。

2と4はケタが違うし、利子は少なくともかからないので、通常通りに返還していきます。せいぜい、4かな、全額返還するとしたら。ハードルが半分くらいに下がったので。



ちなみに、10月からいよいよ、予定通りの返還がはじまります。
4つの奨学金が同時にスタート。いえ、1つは完済してるので3つですね。
月に3万円ほど持って行かれます。返済期間が一番長いもので15年。ながいなぁ・・・。