あさりのみそしるダイアリー

言いたいことを言える世の中の方がいいよね(´・ω・`)

最近のRDちゃん

最近、うちの2代目のレコーダー「RD-S304K」が不調です。

うちはもう予約録画を、主にDVDメディアにダビングするためのVR形式ではなく、BDメディアにダビングするための形式(AVCREC or MPEG2-TS)のみにしているため、DVDは使わない状況になりつつあるんですよね。

そんでもって、DVDレコーダーとしてしか使用できない、DX(FUNAI)のDXRS250の録画番組は、タイトル順とかインデックス付けとか関係なしに全部DVDにダビングして、同じようにRD-S304KのVR録画番組も同様にDVDへダビングする作業を行っています。

しかし、そんなRDちゃん、最近、録画予約をスルーするようになったんです。
理由は分かりませんが、DVDへのダビングを長時間行っていると、予約録画が始まる時間になってもダビングが中断されず、そのまま番組開始時間を迎えてしまったり、あるいは予約録画の時間に何も行っていなくても、警告などなしに録画がスルーされてしまいます。

電源を投入して以降、DVDへのダビングをほとんど(回数など不明)行わない状態であれば問題なく動作するのですが、ある回数を超えると録画をスルーするんですよ。

どうしたんでしょう。

そんな時は、電源を落とすと、本来、録画中であるはずの時間帯であれば、電源が自動的に投入され、番組の途中から録画が開始されます。複数の録画が連続している場合には、ちゃんと以降の番組も録画してくれます。つまり、レコーダーとして正常な動作をするということです。

ただ、もちろん「途中から録画」された番組は、それ以前の部分を失っているわけで・・・。


DVDへのダビングを行わないことがこのトラブルを回避する一番の対策なのでしょうが、まだまだDVDにダビングすべき番組はたくさんあるわけで、ダビングしないという選択肢は取ることができません。

なので、予約録画の時間帯をきちんと把握し、予約前になったら一旦電源を落とすということをしないといけないわけです。

確実に不具合なんですが、かなり昔の機種ですから、もうどうにもなりません。
この機種は、DVDレコーダーではありますが、TS形式で録画した番組は「ネットdeダビングHD」に対応した機器(レコーダーやRECBOXなど)にLAN経由でダビングできるので、他の機器が録画に失敗した時にフォローすることができます。この機能のおかげで、DXRS250と違い、DVDドライブしか搭載していないレコーダーでありながら、今後もサブ機としてメンバーの一員で活躍することができるわけ。

まだまだ活用していくつもりなので、これからもいっしょにがんばりましょう、RDちゃん!



P.S. RDちゃんがサブ機であるということは、メイン機というものが当然、存在するわけで、RDちゃんがスルーした録画番組はすべて、メイン機がフォローしているので、番組そのものの録画機会を完全に失うことはありませんでした。