あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

地震!

今日、午後4時23分ごろの地震で、気象庁より一般向け緊急地震速報が発令されました。

震度5弱以上と推定された地域は次の通り。
・福島県
・栃木県
・群馬県
・茨城県
・埼玉県
・千葉県
・新潟県
・長野県

以上の地域には、緊急地震速報が発表され、同地域を含むテレビやラジオでは緊急地震速報のアナウンスが、携帯電話ではエリアメールが配信されブザー音がなりました。


イメージ 1



スマートフォンの緊急地震速報は初めて聞きました。
エリアメール自体は、昨年の豪雨の際に受信したことがあります。


実際の地震の情報は、以下の通り。

・栃木県日光市で最大震度5強
・震源は栃木県北部で、震源の深さは深さ10km、地震の規模を示すマグニチュードはM6.2
・この地震による津波はありませんでした

長野県内の地震の情報は、以下の通り。

・長野県内の最大震度2
・最大震度を観測した地域=長野市、飯山市、木島平村、栄村、上田市、小諸市、佐久市、軽井沢町、御代田町、青木村


また、緊急地震速報の発表エリアであったため、長野県内のテレビ民放各局は緊急地震速報をテレビ画面上に表示しました。自宅で運用している、24時間、地上波6局のテレビ番組の録画と番組管理を行っているテレビサーバーから映像を拾ってきました。すべておよそ緊急地震速報発表直後のもの。

イメージ 2

①NHK総合テレビ・長野「鶴瓶の家族に乾杯「戸田恵梨香 福岡県宗像市」(前編)」


イメージ 3

②NHK Eテレ・長野「いないいないばあっ!」


イメージ 4

④テレビ信州(TSB)「よじの特選街」の放送が終わり「サキダシGet!」放送直前


イメージ 5

⑤長野朝日放送(abn)「午後のワイド劇場「銀座・高級クラブママ 青山みゆき③」」


イメージ 6

⑥信越放送(SBC)「午後のドラマシリーズ・水戸黄門第32部 肝っ玉女将と意地比べ-高山-」


イメージ 7

⑧長野放送(NBS)「YOU☆ドラ・HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~ #04」





テレビ信州と長野朝日放送はCM中の発表となりました。テレビ信州は、画面右下の地図は上部の文字情報よりも1~2秒程度おくれて表示されました。また、民放ではテレビ信州だけが、北部・中部といったエリア別の表示をせず、長野県とだけ、一括して表示しています。右下の地図を見ると、長野県南部だけ色付けされていないことがわかります。
地図について言えば、長野朝日放送の地図は薄くて見にくいんですけど、これは仕様でしょうか、それとも設定ミスでしょうか。

一般の地震速報(事後情報)と違って、緊急地震速報(事前情報)は、強い地震の到達までわずかな時間しかないため、CM中であっても表示されます。


イメージ 8

ちなみに、テレビ信州では「サキダシGet!」が生放送の番組なだけあって、スタジオから強い地震に警戒するよう呼びかけていました。


あと、長野放送は、以前、緊急地震速報が流れたときはビーゴービーゴーみたいなアラート音だったのですが、今回聞いてみたら他と同じくティロンティロンというアラート音になっていました。
アラート音はすべて統一されたみたいですね。

リアルタイムで見ていたわけではないので、字幕スーパー(緊急地震速報)の表示については確認していません。NHKは対応しているので別として、その他の民放4局では対応していたのでしょうか?
ちなみに、デジタル放送の場合、その性質上、映像の受信から画面への表示までに3秒程度のタイムラグがあり、数秒を争う緊急地震速報とは相性の悪い仕様です。
これを解決するのが文字スーパーで、文字スーパーは映像情報とは独立しているほか、余計な処理を介さず画面に表示できるため、受信から画面の表示までにタイムラグがありません。これを用いることで、画面表示より早く緊急地震速報の発表を視聴者に知らせることができます。



さて、地震発生時、私は我が家の自分の部屋にいました。
震度2を観測した長野市内に住んでいますが、微妙な揺れを感じましたものの、特に被害などはありませんでした。DVD・BDのスピンドルケースでつくったスカイツリーも健在です。

いや、さすがに緊急地震速報が来たときはヤバイと思いましたけどね。高いところにいろいろとつんでいるので、もし仮に震度5弱以上の地震が来ていたとしたら、いろいろまずいことになっていたかもしれません。

しかしまぁ、東京で一晩過ごした時も夜中に地震がありましたし、小さいながらも地震との遭遇が多かった2月。
そんな2月ももうすぐおしまいですが、私はもっと時間がほしいです・・・。