あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

プラットフォームで・・・

今日は長野県上田市まで行ってきました。
会社説明会なんですけどね。

長野駅から片道750円です。学生にはちょっと重いです。往復で最低賃金2時間分と言ったところでしょうかね。

イメージ 1

ただ、せっかく上田まで行って、ただ説明会だけ受けて帰るのも少しどうかと思ったので、テクテク歩いて上田駅周辺を散策してみました。

地図も見ずに歩いていたら、上田城と遭遇しました。ラッキーですね。
曇天というか、少し雨が降ったりやんだりしていたので、あまりいい天気ではなかったんですけどね。


イメージ 2

上田市と言えば、アニメでもちょっと有名ですよね。
サマーウォーズなんかも、上田市ですよね。


雨も若干強くなってきたことと、だんだんと日が落ちて暗くなってきたこともあり、17時頃には上田駅に戻っていました。17:23発長野行の電車で帰りました。



うす暗い駅のプラットフォームで電車待ちをしていました。
向かいのプラットフォームにはたくさんの高校生が歩いたり、話したり、じゃれあったりしていました。

ふと自分を客観視してみると、そこにいるのは、スーツにコートをした、いくら自分では就活中の学生だと思っていても、会社帰りのおっさんにしか思えませんでした。

向かいに見える学生たちのような世界と自分のいる場所は、決してわたることの許されない溝で離されていて、まだ学生という身分であるとはいえ、もうそこには戻れないということをひしひしと感じ、少しさみしく思いました。

間を割くレールは、いくらどこかに終着点があるとは言え、今の自分の場所からは、遠くを見つめても何も見えませんでした。うす暗い空と雨の音だけが、私を包んでいました。
ずいぶんと遠いところまで来たようです。自分の家には切符さえ買えば帰れますが、この長い時間において同じことは言えません。何せまだ始発駅を出発してから終着駅に到着していませんから。ひたすら長いレールを、終着駅を目指して進んでいる、まさにその途中です。

長いこと続けてきた学生生活ももうすぐ終わりですね。
就活はただの求職活動だけではなく、学生から社会人へと身も心も変えるための準備期間でもあります。
ここで学生体質から抜け出しきれないと、多分社会に出てからもまともにやっていけないのではないかとも思います。

本格的な就職活動も今月で3ヶ月目に突入しました。
まだまだ着地点は見えませんが、社会人になるということを意識しながら、新しい気持ちで社会人人生をおくれるように、今を精一杯頑張りたいと思います。





でも、これだけは言わせてください。
早く内定ください、お願いします。