あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

RECBOX 小ネタ1

今日はRECBOXネタを3発飛ばすつもりでいますケド。

〇 HVL-AVR | 特長 | 録画用ハードディスク | IODATA アイ・オー・データ機器
http://www.iodata.jp/product/hdd/hdr/hvl-avr/feature.htm#0

〇 HVL-AVSシリーズ | 録画用ハードディスク | IODATA アイ・オー・データ機器
http://www.iodata.jp/product/hdd/hdr/hvl-avs/

IODATA HVL-AVS2.0 DTCP-IP対応iVDRハイビジョンレコーディングHDD 2TB
http://item.shopping.c.yimg.jp/i/g/ebest_4957180100180
RECBOX「HVL-AVR」は、最新のファームウェアを適用することで「HVL-AVS2.0」と同等(容量は1TB)の機能を持つことができ、これにより従来は読み書きできなかったiVDR-Sカートリッジへのダビングや、iVDR-Sカートリッジからのムーブが可能になります。

以後、おそらくファームウェアは元はHVL-AVRであってもHVL-AVSと同等にするファームウェアを適用した場合はHVL-AVSのファームウェアを適用することになるのでしょう。

もとい、本体のシステム設定画面からファームウェアの更新を実行すれば、適切なファームウェアのダウンロード、適用が自動的に行われるので、この辺は意識する必要がないわけですが。



イメージ 1

なぜか、ファームウェアの更新情報の取得がうまくできません。
ちなみに、ブラウザのページタイトル部分をみると、HVL-AVSになっていることがわかります。


イメージ 2

〇 サポートライブラリ | HVL-AVS2.0 | I-O DATA | アイ・オー・データ機器
http://www.iodata.jp/lib/product/h/4083.htm


でもって、公式ページからサポート情報をみるとこうなっていました。
うんうん、以前、更新情報でHVL-AVSのファームウェアアップデート情報を見た気がしたんだよね。
でも、今になって見つからなかったのは、これが原因だったみたいですね。

12月4日に公開を開始した最新のファームウェアバージョン1.68は諸事情により公開を中止したそうです。
適用していたら、地雷ファームでコンテンツが消失したり、システムが不安定になったりしたかもしれない・・・ということなのでしょうか?
公開を中止するくらいなので、何かまずいことでもあったのでしょう。

近日中にまた公開されるそうです。その時まで待ちますかね。