あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

7月24日よりスカパー!e2でキッズステーションのチャンネル番号が変わります!+録画容量のはなし

タイトルの通り、2012年7月24日よりスカパー!e2でキッズステーションのチャンネル番号が変わります


○ 重要:スカパー!e2「キッズステーション」のチャンネル番号変更について|キッズステーションどっとこむ
http://www.kids-station.com/rni9hp000000wbe2.html

○ スカパー!e2 チャンネルに関する変更のご案内
http://www.e2sptv.jp/oshirase/pdf/120710_01.pdf


スカパー!e2では「キッズステーション」の放送ネットワークが「CS1」から「CS2」に、またチャンネル番号は「335」から「330」に変更となります。

放送ネットワーク変更により、一部のテレビやレコーダーなどではキッズステーションにチャンネルを合わせる際の操作が少し変わります。詳しくはテレビやレコーダーなどの取扱説明書をご覧ください。

また、チャンネル番号変更により、スカパー!e2のキッズステーションで録画予約や視聴予約を設定している場合には、予約の再設定が必要となります。チャンネル番号の変更は自動では行われないため、次回放送日までに各予約ごとにチャンネル番号の変更を行ってください。


チャンネル番号の変更は、2012年7月24日1時(23日25時)に放送の停波を行ったあとの、2012年7月24日7時より適用となります。
すでにEPG上には(機種によりますが)新チャンネルが表示されていますが、2012年7月24日7時までは330では視聴も録画も行えません。


録画失敗などがないよう、気を付けましょう。
ちなみに、24日7時~25日6時にかけて、スカパー!e2のキッズステーションについては契約していない方でも視聴可能な無料開放が実施されます。この機会に受信チェックをしてみてもいいでしょう。

なお、今回の変更に伴う視聴者による再手続きは必要ありません。また視聴料の変更もありません。


また、それ以外のチャンネルでも7月24日より放送周波数が変更されるものもありますが、キッズステーション以外は放送ネットワークならびにチャンネル番号の変更はありません。



ついでに「録画容量のはなし」。

RECBOXの整理をしていて気付いたのですが・・・。

イメージ 1

BS-TBSでは、同じTS(DR)で録画した30分のアニメ「アイドルマスター」が2011年10月16日の週以前と比べて2011年10月23日の週以降では500MB~600MB程度、容量が大きくなっています。これまではBD-R(25GB)1枚に5話ダビングできたのですが、4話までしかダビングできなくなりました。この間になにか局側の送出系で変更があったのでしょう。
容量が大きくなったということは、若干は画質など改善したということでしょうかね。作品問わず、容量は増えています。


イメージ 2

キッズステーションでは、7月1日以降、録画時の容量が減少しています。
同じTS(DR)で録画した30分のアニメ「魔法使いTai!」(OVA版とTV版に放送時間長など録画容量にかかわる違いはありません)では、7月1日以前と比べて容量が70%程度となっています。このサイズはBSアニマックスより低く、また地上波の放送局と同程度またはそれ以下と言ってもよいでしょう。

7月24日より、キッズステーションはこれまで持っていたスロット(帯域)の一部を返上していくらか小さなスロットで放送することになりますが、7月1日より24日の移行に備えるためにこのような措置を行ったのでしょう。24日以降も現在の状況に大きな変化はないと思われます。
スカパー!全体におけるアニメ放送局の中では最高クラスの画質をもっていたキッズステーションは、AT-Xには勝るとはいえ、微妙な立ち位置になってしまいました。今回のスロット返上はスカパー!e2全体の質の向上に貢献するためだったと思いますが、私のようにキッズステーションを特に画質面で好んでいたファンにとってはとても残念でしょう。その分、コンテンツ面で期待できるようになればいいのですが・・・。


イメージ 3

最後にスカパー!HDにおけるAT-X!HDについて。わかりますかね?

イメージ 4

こちらではどうでしょうか?
6月15日以前の番組を録画すると、容量が1GBより小さかったり、あるいは大きかったりと番組や時間帯によって録画番組の容量に違いがありました。これが、6月15日より30分につき1.5GB程度とおよそ固定された感じになっていますよね。
ちょうどこのころ、放送障害やそれに伴うメンテナンスが実施されましたが、それと関係があるのでしょうか。

時間帯にかかわらず、録画容量が固定されているので、録画容量の大きなものを残すという作業はしなくてもよくなったかもしれません。また、これまでは容量が小さくなってしまうケースでも、少しは画質面で向上しているのかもしれません。逆に、時間帯やほかのチャンネルとの兼ね合いによって30分で2GB以上の番組データとなるようなケースでは、高画質での番組データの取得が困難になったともいえるでしょう。

どの機会でも同レベルの録画が可能となったものの、必ずしも喜べるものではないのかもしれませんね。