あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

RECBOXをファームウェアアップデートしてみた その1

ということで、おととい、アイオーデータのDTCP-IP対応NAS「RECBOX」のファームウェアがアップデートされたわけですが・・・

〇 アイオーデータのDTCP-IP対応NAS「RECBOX」がスカパー!ダビングに対応しました! - あさりのみそしるダイアリー - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/asari_no_miso_soup/39711148.html


今回のアップデートの目玉は「スカパー!ダビング」への対応ですが、とりあえず今日はファームウェアアップデートで何がどう変わったかを調べてみました。
スカパー!ダビングの使用感はまた後日。


イメージ 2

家に帰ってみると、本体の「更新」ランプがついていました。スカパー!録画のためにちょくちょくスタンバイ状態から復帰しているこのRECBOXだけ、更新ランプがついていました。自動アップデートをONにしていますが、自動的に更新されているということはありませんでした。



イメージ 1

本体の設定画面にブラウザからアクセスし、「詳細設定」の「ファームウェア更新」をみてみると、ver1.51とver1.52の2つのアップデートが来ていました。1回の更新のみでver1.52までアップデートできます。


イメージ 20

イメージ 28

イメージ 29

アップデートをすると、いつも通りこんな感じに進みます。

本体の電源ランプは緑色に点滅し、しばらく待っているとまた青色に戻りますよ。


イメージ 30

コンテンツ管理画面を開くとこんな感じに。この画面だけ見ると、何も変わっていないように見えますが・・・


イメージ 31

全体を見てみるとこんな感じに。
上のボタンに「転送予約確認」というものが追加されていますね。


ちなみに、このキャプチャをとったときはまだコンテンツのインデックスを内部で再構築しているところだったので、「contents」フォルダは見えませんが


イメージ 32

しばらくすると「contents」フォルダも見えるようになります。


イメージ 33

また、「rated」フォルダのように視聴年齢制限のかかっているものにはカギマークが。


イメージ 3

ただ、ratedフォルダの中にある視聴年齢制限のかかった番組にはカギマークがついていません。なんというか、中途半端ですな。


イメージ 4

ちなみに、こちらはファームウェアアップデート前の画面。ソートなどはできません。


イメージ 5

ファームウェアアップデートにより、「タイトル」とか「日付」とか書いてあるところをクリックするとソートできるようになります。あと、変わった点と言えばフォルダが録画コンテンツよりも先に来るようになりましたね。

ちなみに、このソートは「日付の降順」


イメージ 6

もう一度クリックすると日付の昇順になります。


イメージ 7

「タイトル」の昇順


イメージ 8

「タイトル」の降順

ちなみに、サイズでのソートはできません。


イメージ 9

で、画面全体のキャプチャはこんな感じ。
右下にも新しいボタンが。
「年齢制限解除」と「転送履歴」が追加されています。


イメージ 10

まだ何も転送をしていないので、転送履歴はまっさらですね。
レコーダーからのTSタイトルのダビングや、スカパー!HD録画は転送には含まれません。スカパー!HDチューナーからの「あとからダビング」「いますぐダビング」がこれの対象でしょうかね。まだやってないのでなんといえませんが。


イメージ 11

「年齢制限解除」を押すとこんな感じに。


イメージ 12

PINを入れたら、ボタンが押せない状況に。ほかの見た目はかわっていないので、何がどうなったのかよくわかりません。「rated」フォルダにはカギマークがついています。

ちなみに、初期状態でのPINコードは「0000」です。


イメージ 13

ちなみに、旧画面にはこれらのボタンは右下にはありませんでした。


イメージ 14

あと、「転送予約確認」では、現在のところ転送予約を入れていないのでこんな感じに表示されました。


イメージ 15

あと、これまではフォルダを選択しても「サイズ」のところは変わりませんでしたが・・・


イメージ 16

新しいファームウェアではフォルダを選択した場合、中のファイルサイズを表示してくれます。フォルダごとネットワーク転送できるようになったからですかね。フォルダの中にフォルダが含まれていても同様でしょう。


イメージ 17

あと、ファイルごとの転送ではこんなですが


イメージ 18

フォルダごとの転送ではなぜかDTCP-IPダビングに対応していない普通のアイオーデータのNASが表示されています。

とりあえず、万が一消えても問題のないコンテンツでためしてみたところ

イメージ 19


こうなって


イメージ 21

こうなりました。一瞬で終わりました・・・どうなったし・・・


イメージ 22

コンテンツはちゃんと生きていました。


イメージ 23

転送先の「dlna」フォルダには、フォルダだけ置かれていました。「dlna」フォルダのあるNASを一覧に表示するんですかね。どのみち何も転送されないですけどね。


イメージ 24

あとは、ソートをすることで・・・

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

日付昇順にソートをすれば、DTCP-IPダビング時に放送の順番通りに転送できるのでいいですよね。
この商品自体はまだレビューしていませんが・・・。



アップロード可能な画像容量がわずかになってしまったので、次回は「詳細設定」で何が変わったかなどを書いてみます。「スカパー!ダビング」をためしてみたネタはそのあとかな。