あさりのみそしるダイアリー

言いたいことを言える世の中の方がいいよね(´・ω・`)

明日4月1日から新しいテレビ放送がスタート!

明日、4月1日10時から新しいテレビ放送がスタートします。

その名も「NOTTV」(ノッティーヴィー)。

〇 日本初スマホ向け放送局 NOTTV
http://www.nottv.jp/

最近、テレビCMなどで見かける機会が多くなってきていると思いますが、これは携帯端末(主にスマートフォン)向けマルチメディア放送サービスです。

地上アナログテレビ放送の終了に伴って空いたVHF帯の一部の帯域を利用するテレビ放送で、チューナーを内蔵している対応機器を保有しており、かつNOTTVの視聴契約をしている場合にのみ視聴できます。
日本全国で一斉に放送を開始するというわけではなく、現段階では、放送エリアが限定されているため、さらに放送エリア内にいるという条件がつきます。

〇 対応機種|スタートガイド|日本初スマホ向け放送局 NOTTV
http://www.nottv.jp/start_guide/products/

〇 放送エリア|スタートガイド|日本初スマホ向け放送局 NOTTV
http://www.nottv.jp/start_guide/area/

現在対応している機種はごくわずかであるため、放送開始当初にサービスを受けられる人はほんのわずかしかいないことになります。
出だしからちょっと不安ですが、放送エリア内であればそれなりの場所に行けば体験させてもらえたり、モニターキャンペーンもやっているみたいですから、まぁ今後どうなるかってところですかね。
それと、今後、パソコン向けのチューナーもでるかもしれません。

現在の放送エリアでは、私の住む長野県は放送対象外のため、仮に視聴可能な端末を持っていたとしても受信できないわけですが、放送エリアについては順次エリアを拡大していく予定ということですから安心しましょう。ただ、普及具合によっては、あまりよくないことも考えられますけどね。


先に述べたとおり、この放送サービスは主にスマートフォン向けのものです。
ですので、VHF帯を使っているからと言ってアナログテレビで視聴できるわけではないし、放送の規格がISDB-Tmmで、地上デジタル放送の規格であるISDB-Tの仲間だからといって、地デジテレビにVHFアンテナを接続すれば見れるというものでもありません。
また、すでに提供されているサービスである「ワンセグ」と似ていますが、NOTTVはワンセグとは異なるため、ワンセグ対応のスマートフォンであっても受信することはできません。


〇 料金体系の確認|スタートガイド|日本初スマホ向け放送局 NOTTV
http://www.nottv.jp/start_guide/3_charge/

加えて言えば、NOTTVは有料放送ですので、誰でも好きな時間に好きなだけみれるわけではありません。
月額420円の有料放送となっているので、無料放送や無料サービス以外の視聴はできません。また、契約している場合であっても一部の番組やコンテンツの利用には追加料金がかかります。



さて、ワンセグとは異なるNOTTVですが、何が違うのでしょうか?
そして、どのようなサービスを受けられるのでしょうか?

NOTTVでは、ワンセグや普通のテレビと同様に、リアルタイム放送を楽しむことができます。要するに普通のテレビと同じような感覚で、スマートフォン向けに放送されるテレビ番組を楽しむことができます。
また、画質はワンセグの10倍程度らしいです。

そして、通常のテレビ放送と異なるのが「シフトタイム視聴」です。
受信した放送波からデジタルデータをメモリーに蓄積していき、メモリーに保存されたコンテンツデータをあとでたのしむというもので、インターネットを使う場合のダウンロードに相当することをテレビ放送波で行うことができます。もちろん、サーバーなどにアクセスするわけではなくて、飛んできた放送波を受信するだけなので、アクセスしづらくてダウンロードに失敗した~というようなことは発生しません。ただ、受信状況が良好でないと、ちゃんとコンテンツを受信できない場合は十分あります。
リアルタイム放送よりもキレイな映像を楽しんだり、電子書籍のようなコンテンツを、好きな時間にたのしむことができます。


放送チャンネルは以下の3つがあります。

・nottv 1
・nottv 2
・nottv NEWS

nottv 1・2では、ドラマやバラエティ番組、アニメ番組を楽しむことができる総合チャンネルです。
NOTTVでの放送を予定しているアニメ作品もそれなりの数ありますが、どこでそれを見たのか忘れてしまいました。

nottv NEWSでは、24時間、ニュース番組を放送しているため、いつでもテレビと同じ感覚でニュースをみることができます。スカパーなどでおなじみにTBSニュースバードや、11月からは日テレNEWS24がこれを担当します。



なんというか、正直微妙で長続きするかどうかの不安もありますが、予定通り好調に実績を伸ばして、いつの日か長野でお会いできることを楽しみにしています。
まぁ、長野で始まるころには長野に私自身がいないかもしれませんがね。