あさりのみそしるダイアリー

おトク情報毎日更新!だから毎日見に来いやゴルァ!!…うっ、ごめんね(´・ω・`)

RD-S304K 録画に失敗する・・・ともう1本はシリーズ番組リストについて

今週分の「テレビガイド!」はまだ書き始めていませんが、今日中にはなんとかしたいですね。
というのは、年末年始号というだけあって、書くことが多いので・・・。


で、そんなときにまた大変なことを起こしてくれたのが東芝のレコーダー「RD-S304K」。

指定したキーワードでEPG上からみつけた番組を自動的に予約してくれる「おまかせ自動録画」の機能の1つに「シリーズ番組予約」があり、特定の番組名で放送される番組をひろって録画予約一覧に加えてくれるのですが・・・。

というのも、この機能を使用している1つの理由が、一時期、予約録画の本数が通常の録画予約で扱える本数の限界まで来てしまい、通常の録画予約の本数とは別にカウントされるおまかせ自動録画にたよるしかない状況になってしまっていたからなのです。今は解消していますが、たとえば放送曜日が火~金みたいなものだと、通常の予約録画ではこのような設定はできないため、月~金で録画して月曜日分を削除したり、火・水・木・金と4つの予約録画枠をつぶして録画したりしないといけないのですが、これだと効率がわるいですよね。
それとか、4話連続放送のものだと、4つ分予約録画枠をこれまた消費することになるので、これもまた効率が悪いです。

それが、おまかせ自動録画だと通常の予約録画枠を消費せずに1つのおまかせ自動録画枠を消費するだけで録画予約が行えてしまうわけです。これが正常に行われるのであれば、これ以上に便利なものはありませんよね。


通常の予約録画枠は64本まで、おまかせ自動録画は「シリーズ番組」ともう1つある「お楽しみ番組」をあわせて12本まで登録ができます。後者については、デフォルトで登録されている「お楽しみ番組」の設定を削除できないので実質11本までとなりますが。


で、この「おまかせ自動録画」の「シリーズ番組」機能を使用してBSアニマックスで放送されているアニメ「ハヤテのごとき!!(2期)」を録画していたのですが、第1話~第18話までは正常に録画できたものの、12月22日、23日放送分の第19話、第20話が録画できませんでした。
録画予約一覧に表示されていないのは、この時期なので、年末年始特別編成か、あるいはクリスマス特別編成で通常の番組は休止しているものと勝手に思い込んでいたのですが、「シリーズ番組リスト」の設定を昨日みてみたところ、番組の検索数に「2」と表示されていて

まだやってんじゃん!!!!!!!!!!!!

と、こうなったわけですよ。しかも本日放送分は21話でしたから、これで先日の2話分の録画ミスが確定したわけです。
しかも、検索はできているのに、録画予約一覧にはやっぱり表示されていませんでした。同じ理由で先の2話も結局録画予約されなかったわけですね。録画予約一覧に表示されていない番組は録画されません。


同じようなことが以前もあり、それでおまかせ自動録画を使用しないようにしていたのですが(通常の録画予約の方が予約されているという点では確実です。しかし、通常の録画予約でも指定した番組が放送されたにもかかかわらずスルーされる例もあります。過去に書いていますが・・・)、うむむ・・・。

便利な機能だけあってこれはかなりめんどくさいです。
録画予約のミスはあってはなりません。

まぁ、ハヤテのごとく!!の録画ミス話は前回の放送時に録画してあるのですが、あれはまだCS時代のものであって、画質があまり良くないのです。

また、ハヤテのごとく!!以外のシリーズ番組リストに登録してある番組も、検索数が0ではないにもかかわらず、アニメ「銀魂」以外はすべて録画予約一覧に表示されていませんでした。

なぜ「銀魂」だけは登録されているのでしょうか?


イメージ 1

おまかせ自動録画設定一覧画面はこのおうになっています。
通常、おまかせ自動録画に登録されている番組は、検索順位の高い方からEPGより検索条件にマッチする番組を検索していき、マッチするものがあれば録画予約一覧に登録されます。
録画予約一覧では、録画優先度が同じ場合は先に登録した方を優先的に録画するようになっているようであるため、時間帯の重複があった場合は検索順位の高い方の番組が優先されます。(同時間帯に異なるチャンネルで検索条件にマッチする番組があった場合の動作は、チャンネル番号の若い方が先に登録されることになり、それが優先されるのでしょうかね?)


イメージ 2



また、録画優先度を指定することもでき、時間帯の重複があった場合は録画予約の登録順序に関係なく「優先」のほうが「非優先」よりも優先して録画されます。
また、ここで「優先」を選択した場合、通常の録画予約で「ふつう」を選択している場合は通常の録画は実行されずに「優先」指定されたおまかせ自動録画の方が優先されます。
「非優先」の場合、「ふつう」で指定された通常の録画予約が実行されます。どのおまかせ自動録画よりも通常の録画予約の方を優先したい場合は「最優先」を指定します。

おまかせ録画予約で指定できるのは「優先」または「非優先(デフォルト)」のみです。通常の録画予約の設定のデフォルトは「ふつう」であるため、時間帯の重複がある場合はデフォルトの設定の場合は通常の録画予約の方が優先されます。

なお、優先順位により実際には録画されない番組であっても、録画予約一覧には表示されるはずです。録画予約されないおそれがある録画番組は、録画予約一覧画面で録画時間の部分が赤く表示されたり、「録画実行チェック」を行った場合に「×」マークが表示されます。


さて、アニメ「銀魂」のシリーズ番組予約は1枚目のキャプチャの検索順位6に録画優先度「非優先」で登録していました。また時間帯は25時~26時としていました。これは、キッズステーションでの放送がこの時間帯に4話連続で放送されるためです。

しかし、今週は年末年始特別編成のため月曜日の25時~26時にも放送されるため、その時間帯に放送される109~112話が録画予約一覧に登録されていました。

ところが・・・
検索順位4(小さい方が検索の順番が早い)に登録している「きまぐれオレンジ」(実際のタイトルは「きまぐれオレンジ☆ロード」)や、検索順位5に登録している「アイドルマスター」(実際のタイトルは「アイドルマスター XENOGLOSSIA」)は、検索数が0でない、かつ検索順位が「銀魂」より上で、実際の放送時間に重複はなく、また録画優先度が「優先」であるにもかかわらず、録画予約一覧に表示されませんでした。

また、先の通り、「ハヤテのごとく!!」も放送時間が全く違うのにもかかわらず録画予約一覧に表示されていませんでした。

これはどういうことでしょうか?

ためしに「銀魂」のシリーズ番組予約を削除したところ、シリーズ番組リストからはなくなったものの、録画予約一覧にはまだ「銀魂」の録画予約情報が残っていました。一度登録された録画予約はシリーズ番組予約を削除しても消えないようです。手動で録画の実行をしないようにしたり、録画予約をキャンセルすることは可能です。なので削除しました。
なお、肝心の検索数が0でないシリーズ番組予約は録画予約一覧に登録されていませんでした。

次に、録画優先度を「ハヤテのごとく!!」については「非優先」を「優先」に変更しました。すると・・・

登録されました!!!!!!


「ハヤテのごとく!!」についてはシリーズ番組予約が録画予約一覧に表示されました。
しかし、他の2つは表示されません。

次に「きまぐれオレンジ」のおまかせ自動録画設定画面から「設定変更」を選び、「番組追っかけ」を「する」から「しない」に変更しました。これをした場合、放送直前の突然の編成の変更で放送時間が変更された場合に、変更された放送時間に録画予約の実行時間を変更することが可能になります。スポーツ番組の延長により後続の番組の放送時間が変わったというケースで有効です。おまかせ自動録画の番組検索のタイミングはEPG情報の更新作業中だと思われるため、急な変更には対応できません。「番組追っかけ」を有効にすることで、放送番組単位で放送時間の追跡をすることができるようになります。
なお、スポーツ中継のような延長が予想される番組では「スポーツ延長」を有効にすることで本来の放送時間よりも長くなる場合に、延長分も録画予約してくれます。

で、CSの番組の場合、特にこのようなアニメ番組の場合は放送時間は最初から決まっていて、番組追っかけをする必要はまずありません。したがって「番組追っかけ」を有効にしておく必要性はありません。
よって、先の操作により「番組追っかけ」を「しない」に変更したところ・・・

登録されました!!!!!!

イメージ 4


全部ではありませんが、月曜日深夜と火曜日深夜放送分については登録されました。先の通り、「ハヤテのごとく!!」も登録されています。
おまかせ自動録画により登録された録画予約番組の場合、番組名左のアイコンに紫色のロボットマークがつきます。前の番組の終了時刻と後の番組の開始時刻が同じ場合は放送時間の部分が青くなります。この場合、「録画のりしろ設定」を「入」にしている場合は、前の番組は定刻より30秒ほど早く録画が終了し、後の番組の録画にうつります。

イメージ 5


ダブル録画できる機種ですが、おまかせ自動録画の場合は「TS1(RE)」「TS2」のどちらで録画するかをあらかじめ指定することはできません。また保存先を「HDD」「USB」のどちらにするかも指定することはできません。これらの変更は、録画予約一覧から番組を指定して手動で行うことになります。同じ時間帯に録画が重複する場合のダブル録画での振り分け作業はこのような形で手動で行います。あるいは時間が重なる場合のTS1とTS2の自動振り替えを設定することもレコーダーの設定画面から行うことができたように思いますが・・・


イメージ 6


この機能は私は「切」にしているので何とも言えません。


イメージ 7


では、まだ録画予約一覧に登録されていない「アイドルマスター」は同じ方法で登録されるのでしょうか?

イメージ 8


ちなみに、シリーズ番組リストからシリーズ番組を選択することで、検索条件にマッチした番組の一覧を表示することができます。ここには表示されていても、録画予約一覧に表示されていなければ意味がありません。


イメージ 9

また、このリスト画面から番組を指定することで通常の録画予約(ユーザー予約)を行うことは可能ですが、これだとおまかせ自動録画の意味がありません。


イメージ 10

おまかせ自動録画設定から「番組追っかけ」を「しない」に変更して登録します。登録の際には番組データを再検索します。

イメージ 3

すると、ちゃんと登録されました!!!


この手法はかなり有効的なようですね。

シリーズ番組予約で放送時間の決まっている番組を登録する場合は、「番組追っかけ」を「しない」にして登録すると、あとで後悔することは少なくなるでしょう。

ただ、なぜ「銀魂」があのような設定だったにもかかわらず優先して登録されていたのかはナゾのままです。先の解説は説明書に書いてあった内容というよりは、表面上の解釈というか、画面の表示内容からうかがえるユーザーとしての機能の解釈みたいなものです。
実際にどのようなアルゴリズムに基づいて動作しているのかはイマイチわかりませんが、そういうところが東芝クオリティなのでしょうかね。


だいぶ長くなりましたが、年末年始はいろんな番組が放送されますが、ほとんどのチャンネルが通常編成ではなく年末年始特別編成になっているため、録画予約が正常に行えているかどうかは、とかく自動録画設定においては、放送局の番組表と実際の予約の反映具合を見ながら、定期的にチェックすることをおすすめします。