あさりのみそしるダイアリー

言いたいことを言える世の中の方がいいよね(´・ω・`)

なんか赤いんすけど・・・

ここのところ、まともなエントリーばかりで、「あ」とか「はい」とかで終わる無意味な記事がないですね。
んでもって、今この時点で書けそうなネタがないっていう・・・。

でも、そういうのはちょっとアレですし、もしもの時でもない限りはちゃんとやりましょうかなと。
ちなみに、そろそろ夏休みが終わりますが、5個くらいデカいやるべきことがあるっていうね・・・。

しかも、結局大したことをしないで終わってしまうのかなっていう。
もうすぐ大学院入試なんすけど・・・。


イメージ 1


さて「コンピュータ」画面を開いたらこんな状況でした。

真っ赤ですね・・・。

あらゆるドライブが悲鳴をあげております。
どうしたものでしょうか・・・。


原因はほとんど録画ファイルにあります。
というか、録画ファイル以外でここまで容量を消費するっていうことはほとんどないですからね。
まぁ、レビュー用の写真とか動画とかなら若干消費するとは思いますけど。最近のビデオカメラだとハイビジョン動画を撮影するとけっこう容量消費しそうですよね。私もHDカメラほしいですけど、予算が・・・。


で、どうしようと言ったところで何もできないんですよね。
けいあん!チューナーでTS抜きできるようになってから、いろんな番組を録画しています。
気になったシーンとか、手動録画をピッとはじめると、ちゃんと見れる録画ファイルが仕上がってるんですよね。
この手軽さが、ここまで容量を食っている原因なのだと思います。

まぁ、こればっかりはどうしようもないですけどね。
以前は、録画ファイルをMPEG4 H.264でエンコードしていたのですが、めんどくさくなってしまいまして。
しかも、録画番組によっては正常にエンコードできない場合があり、前にエンコードして元のファイルを削除した後、エンコード後のファイルを再生してみたら途中からまともに再生できない状況になってしまったことがあり、それ以来、TSのままとっておけばいいんじゃねってことになり今に至ります。

つまり、エンコード保存じゃなくて、元のTSファイルを保存する方がいいということです。

容量は喰いますが、放送時の画質そのままで残せるのと、なにより録画時エラーを除けば番組を損失する機会がぐんと減るわけですよ。
容量が大きければ、それだけ多くのHDDを必要としますが、もし仮に1つのHDDが故障したとしても、一度に損失する番組数は少なくなります。
エンコードしないからほかの作業もはかどります。夜中、エンコードのためにパソコンをつけっぱなしにしておく必要もありません。

いいことずくしですね。容量が大きい以外の欠点がないのですから。


というわけで、せっかく以前購入したPowerDirector9も最近は活躍の場が減ってしまっています。
しょうがない話ではありますが。


ちなみに、まだ2TBの未使用HDDが2コほどあるのですが、そのうちRECBOXの内蔵HDDをコレと換装してみようかななんて思ってたりします。
そのために500GBの安売りしてたものを購入したのですが、まだあけてすらいません。もう1箱、スイッチングハブとUSBメモリを買った箱も開けてすらいないんですけど、早くしないと夏休みが終わってしまいますね。


ここにきて、やることがたくさんあるわけですが(いや、後回しにしてきたつけが・・・)、まぁ、マイペースでいきましょう!(いつもミラクル ででっでででっ イェイ!