あさりのみそしるダイアリー

おトク情報毎日更新!だから毎日見に来いやゴルァ!!…うっ、ごめんね(´・ω・`)

RECBOX その後(3)

まだテレビガイド!書いてませんでしたね。
そろそろ書こうと思います。
少なくともタイムテーブルくらいはなんとかしたいですな。

さて、RECBOX「HVL-AV1.0」ですが、ためしにネットワーク転送操作をしてみました。
前は失敗したのですが、今度はうまくいくかも・・・と思ったので。

まぁ、故障中のサーバーなので、あまりヘタにいじると何が起こるかわからないんですけどね。
あまりさわらないのが一番いいのかもしれませんが・・・(一応、再生だけはできるので)




イメージ 1

前回は失敗したネットワーク転送が、今回はうまく動きました。
ちなみに、削除操作はできませんでしたが、このあとどうなるんでしょうかね・・・(ムーブなので、別のサーバーにコンテンツが移動したらそのコンテンツは削除されなければなりません)


イメージ 2

移動先のサーバーにコンテンツが移動しました。
スカパー!HDチューナーのDLNA機能からも再生できました。


イメージ 3

ただ、ダビングが完了したとは出てこない・・・失敗ともでてきませんでしたが。


このあと、コンテンツ管理画面の一切の操作ができなくなったのでシステムを再起動しました。


イメージ 4

おっ!

容量が減ってる!


スカパー!HDチューナーのDLNA機能から再生してみると・・・


あれ?再生できない・・・どうしたし・・・


不安な状態に陥りましたが、しばらく待ったら再生できるようになりました。ふぅ・・・よかった。


イメージ 5

コンテンツ管理画面も操作できるようになりました。
別のサーバーにムーブしたタイトルはコンテンツ管理から消えています。


不安定ながら、RECBOX内のコンテンツが救出できることがわかったのはかなりよかったと思います。
システムを初期化した場合のファイルの扱いがわかれば怖いものなしですが、安全路線で行くとすれば、このままちょっとずつムーブしていくのも手なのかもしれません。全部ムーブできたら、システムを初期化すればいいですよね。


ついでに、削除操作もためしてみました。
削除対象のデータは「灼眼のシャナ #17・#18」。エラータイトルの下にあるやつです。


イメージ 6


実行してみたところ、正常な状態での削除操作と同等の時間でファイルの削除が実行されました。
先のムーブによりディスクに空きができたことで、このような操作がすんなりできるようになったのでしょうか。


ちなみに、エラーコンテンツは削除できませんでした。