あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

GV-MVP/XZ の電界強度設定を変えてみる

アイオーデータのパソコン用デジタルテレビキャプチャ「GV-MVP/XZ」には、電界強度設定があります。
HZにはない設定で、H2シリーズあたりからついていたような気がします。いや、Vシリーズからだったかな・・・?

とりあえず、ためしてみました。


イメージ 1

デバイス名を右クリックして「デバイス固有の設定」を選択すると、上のような設定ウィンドウがでてきます。

標準では「弱電界地域」設定になっています。送信所ないしは中継局からだいぶはなれた位置で受信する場合はこの設定が推奨されます。とりあえず、受信レベルが低すぎる場合はこの設定がいいということです。


で、NHK総合テレビ(長野)での受信レベルの結果は・・・


イメージ 2



たかいですねぇ。


イメージ 3


次に「通常」設定。
何を持って通常とするのかはわかりませんが。


イメージ 4


2dBほどさがりました。


イメージ 5


最後に「強電界地域」設定。送信所または中継局からの距離が近く、そのままでは受信レベルが高すぎる場合に設定します。あまり高すぎると受信機器で障害が発生する場合があります。


イメージ 6


さらに3dBほどさがりました。



つまり・・・

「弱電界地域」→-2dB→「通常」→-3dB→「強電界地域」

ということですな。


ちなみに、どの設定にしても影響されるのは地上波の受信レベルのみで、衛星波の受信レベルはBSもCSも変化しません。

イメージ 7


ただ、なぜかやたら低い…。