あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

INC長野ケーブルテレビで「テレビ東京」デジタル放送波の区域外再送信が始まったそうです。

8日にレポートが出ていて、その日のうちにやろうと思っていたのを忘れていて、さっき気づきましたよ。
ちゃっちゃとやってなんとか終わらせましたが、明日までに修了判定をもらわないとまずいことに・・・。


さて、タイトルの通り、INC長野ケーブルテレビで「テレビ東京」デジタル放送波の区域外再送信が始まったそうです。たまたまINC長野ケーブルテレビのウェブサイトを見に行ったらそういうお知らせが出ていて、びっくりしましたよ。


○デジタル【テレビ東京】{地上7(071)ch)ご視聴についてのご案内
http://www.nagano-inc.co.jp/usersupport/information/20100924/index.html


これまで(というか、もっと前はキー局すべてでしたが)は、「テレビ東京」のみ地上アナログ放送の区域外再送信のみ行われていましたが、2010年10月6日からデジタル放送に関しても区域外再送信が許可されたそうです。

ただし、他のケーブルテレビ局と同様に、2014年7月24日までという終了期日が設けられたうえでの認可だそうです。

これまでは、長野県にまだ4局のテレビ局がそろっていなかった頃から行われていたテレビ東京の区域外再送信を視聴してきた視聴者を考慮して、関係者の同意がないままに区域外再送信を行っていたそうですが、とにかくデジタル放送についても期限付きとはいえ同意を得られたのは、よかったのかなと思います。

で、アナログ放送の区域外再送信は、2011年7月24日までです。テレビ東京もアナログ放送のサービスを同日に終了するので、これ以降は再送信のしようがありませんからね。


気になる再送信の方式ですが、トランスモジュレーション方式で配信されるとのことで、セットトップボックス(STB)なしでの視聴はできないとのことです。
録画機能付きSTBなら、いろいろと便利そうですが、自分の部屋に分配したり、パソコンのチューナーで見たりといった利用スタイルを取ることができないので不便ですよね。

また、テレビ東京のデジタル放送を視聴するためには、セットトップボックスの再スキャンを行う必要があります。
再スキャンの方法や、その他詳細については上記のウェブサイトで確認してください。


ということで、とにかく長野市内でも、テレビ東京限定とはいえ区域外再送信が認められた形になったのは、よかったのかと思います。
まぁ、私の環境では、引っ越しに伴って、すでにケーブルテレビとははなれていますので、どうでもいいというか、ちょっと残念なんですけどね・・・。


そして、テレビ松本やLCVのデジタル放送の区域外再送信はまだ中断されたままですが、この2局が許される日は来るのでしょうか。
あの絶対に忘れられない2008年12月15日の悲劇をくり返さないためにも、しっかりと協議をしたうえで話を進めてもらいたいものです。


ちなみに、テレビ松本では9月4日からAT-Xほか全4つのCSのチャンネルのサービスも開始したそうですね。
AT-Xは有料プランなので、1890円を追加で毎月支払うと視聴できます。画質は知りませんが。


○ケーブルテレビ  有料チャンネル一覧
http://www.tvm.ne.jp/cabletv/channel/pay-channel.html