あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

2010年7月5日からアナログ放送がレターボックス化します!

イメージ 1



今年7月5日から、アナログ放送の番組がすべてレターボックス化(上のような上下に黒帯が付き、メイン画面が横長になる画面)します。

レターボックス化すると、4:3テレビの場合、画面の上下に黒帯がつくため、映像の表示面積は小さくなりますが、映像部分の画角が地デジと同じ16:9になるので、表示される映像は地デジのそれと同じになり、結果、映像に映し出される表示範囲は広くなります。
まぁ、これがいいことかどうかは別として、これまで画面の両端にあってアナログ放送では表示されなかったものも表示されるようになるので、ちょっとお得?
映画を見ている場合と同じ画面なので、特にそんなに大きな違和感はないとは思いますが。

しかし、画面上下に黒帯がつくということは、なんどもアナログ放送停波のテロップを入れてくるかもしれませんし、将来的にはジャマな要素が追加されそうということだけは覚えておいてもいいかもしれません。


現在でも一部の番組や、日本テレビ系列では4月5日から先駆けて生放送やニュース番組以外の番組でレターボックス化をはじめています。


○<地デジ>アナログ放送の画面上下が黒い帯に 7月5日から
4月22日20時8分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000089-mai-bus_all


本当はもう少し先のことになる予定だったそうですが、7月5日に決定したそうです。
また、『7月4日午後5時59分から1分間、アナログの番組やCMの放送を止め、アナログ放送終了や総務省の問い合わせ電話番号などを全画面で表示する』ということですから、これは個人的にはかなり貴重に思えるので、地デジ・アナログの両方で可能な限り多くのチャンネル(といってもアナログ放送を録画できるのが2ch分のみなので2ch)確保しておきたいと思います。

私の部屋は地デジに対応しているので、こういうイベントには気軽にちょっかい出せますが、リビングのメインのテレビはまだアナログ放送なだけあって、そんなに余裕ぶっこいていられるわけでもなかったり・・・。


地デジ完全移行まであと460日を切りました。
地デジの準備、お早めに。