あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

mAgicTV Digital の録画状況がひどすぎ・・・

また録画番組の話ですが、mAgicTV Digital の録画状況がひどすぎ・・・。

いえ、録画作業自体は実行されるのですが、そうではなくて、受信レベルの問題。
外は雨も降っていないのに、窓が思いっきり結露していて、水滴が窓をつたっています。まるでふろ場のようです。
まぁ、毎年のことですから仕方がないのですが、最近はこのような状況が続くため、ただでさえレコーダーよりも受信感度の弱い mAgicTV Digital なので、ノイズばっかり発生します。
ひどい時にはレコーダーまで影響が出るくらいです。

BSは外にアンテナを設置して屋内に同軸ケーブルを引き込んでいるのですが、地デジは室内アンテナ「DT-OP-RA」で受信しています。ブースターも利用しているのですが、この状況だけはどうにもならないかもしれません。

正常に録画できる番組はごくわずかで、ダビングした番組を見てもノイズのせいで途中で音が切れてしまい、正常にダビングできません。

こりゃまいったなぁ・・・。

こういう番組は、通常のダビングでは音が切れてしまいますが、「編集してダビング」から何も手を加えずにダビングをすると、途中でノイズは入るけれども最後まで音のあるままダビングできます。
ただし、画質を犠牲にしなければなりません。はっきり言って、編集ダビングは通常のダビングよりも画質が悪いです。

で、何とかしたいと思い、行動に出たわけで、それについては明日お話します。
もうちょっと下調べしてから行動に出れば良かったと後悔していますが・・・。