あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

YAGI 地上デジタルチューナー DTC30を購入しました!



野球延長で21:30からゴーストシップ。
自動追尾されずに00分から録画が始まっていたのでさっさと停止させました。25分ごろに予約録画をしたら追尾してくれました。
どんな映画かわかりませんでしたが、最初のワイヤーシーン、見覚えある!ぎゃ~!!!!



YAGI の地上デジタルチューナー DTC30 です。
以前購入したDVD/HDDレコーダー「DXRS250」がTS録画ならデジタル・アナログで2番組同時録画ができるのですが、2011年7月24日のアナログ放送終了以降、2番組同時録画が意味をなさなくなってしまいます。
そこで、ビデオ入力端子経由で地デジチューナーを接続すれば、デジタル2番組同時録画ができるかなと思い、試しに買ってみました(レコーダーは自室に置いています。もし使えなければ、リビングのテレビがまだアナログなのでそっちで使うつもりでした)。

で、実際に使用した様子まではまだ撮影していないのですが、S端子映像出力と、赤・白の音声出力端子をレコーダーの背面の入力端子に接続し、録画してみました。
映像こそ標準画質ではあるものの、アナログで録画していた時よりも音質・画質ともに明らかにきれいになりました。また、きちんと録画できました。ただし、コピーワンス信号もかかっており、「1回だけムーブ」が可能な状態で録画されていました。つまり、CPRM対応のディスクに1回までコピーできるということですね。また、CPRM対応のディスクへの直接録画もできました。なお、孫コピーはできませんでした。

視聴予約機能が付いていて、日付指定だけでなく、毎週何曜日という指定もできるのとズームのオン・オフも設定できるので、レコーダーとチューナーの両方で録画予約をしなければならないのは少し面倒ではありますが、2011年以降も利用できる形でデジタル2チャンネル同時録画が可能になりよかったよかった。

レコーダーで録画予約をする際は、チャンネルを「L1」(背面の映像入力端子)に合わせて時間も自分で合わせます。S端子で映像を入力させているので、黄色の映像ケーブルの場合よりは画質はきれい。

チューナーの視聴予約も簡単で、番組表からでも設定できます。これで録画時間さえ間違っていなければOK。


チューナーからの映像は、4:3の中に16:9の映像が表示される感じ(16:9映像の場合)。ズームをONにすると、16:9の映像のうち4:3の該当部分が、画面の4:3の中全体に表示されます。ん~、いまいち伝わりにくいですよね。そのうちイメージ図とともにあさりのみそしるの方で公開してみたいと思っていますけど。

わかる人はわかる感じで言うと、デジタル放送の名探偵コナンの再放送をズームONで視聴すると、ウォーターマークを含めて両サイドの黒帯がなくなり、中の映像だけが4:3で表示されます。視聴予約でズームONにして録画すれば、ウォーターマークのない状態で録画できるというわけ。


ちなみに、視聴予約をすると開始時刻の30秒ほど前にテロップとともに電源ON。15秒前にはテロップが消えます。放送終了後、自動的に電源オフ。
電源がオフの状態で視聴予約が入ると放送終了後に自動的に電源オフ。電源オンの状態ならそのまま電源が入ったまま。
アナログレコーダーでの録画を考えている人向きの仕様ですね。

なお、視聴予約の自動追尾はできますが、録画の方は自動追尾は当然のごとくありません。字幕も表示可能、データ放送はなし。BS/CSは視聴できず、地上波のみ。映像出力は2系統、S端子が1系統、音声出力が2系統。アンテナ入力1系統、アンテナ出力はなし。リモコンありで電池つき。縦置きスタンドもあるが私は使っていません。本体は電源ランプのみで、受信しているチャンネル番号を表示するようなモニターはついていません。
録画する際は、チューナーで表示されるものは何がなんでも録画されるので、余計な操作をしないように気をつけましょう。


私の場合、4980円で購入しました。アウトレット品でしたが、どこがアウトレットなのかわからないくらい良品。ネットショップ「あきばお~」で購入しましたが、なかなかの良品。
これまで機動ミスなどの不具合なし。よい買い物でした!