あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

バッファローからWin7 WMC向け地デジチューナーリリース!

実際にリリースされたのは昨日ですが、記事にしていませんでした。書こうと思っていたのですが、眠気に勝てなかったのでしょう。グインさんまでは起きていましたが。


○Windows 7 メディアセンター専用地デジチューナー|プレスリリース
http://buffalo.jp/products/new/2009/001031.html


さて、バッファローから次期ウィンドウズOS「Windows7」の「Windows Media Center (WMC)」向けの地デジチューナー「DT-H10/U7」がリリースされました。最近、アイオーデータからもこの種の製品がリリースされましたが、今回はバッファローからもリリースされたということで、この種の製品市場も競い合っていい製品が出てくることも期待したいところです。

DT-H10/U7は、USB接続タイプなので、デスクトップパソコンだけでなく、ノートパソコンでも楽しめますね。4台使用による4番組同時録画も可能だそうです。タイムシフト機能もついているとのこと。


ただ、ダビングに関する記述が見当たらないので、もしかしたら録画した番組はダビングできないのかもしれません。

アイオーデータからリリースされた同様の製品の場合、地デジのほかBS,110°CSデジタル放送にも対応しています。また、DVDやBDへのダビングにも対応しているとのこと。


バッファローの製品はよくわからないので、安定性に関してはあまり詳しいことはわかりませんが、いずれにせよ視聴ソフトとしては「Windows Media Center」を利用することに変わりはありません。

地デジだけ見て、見たら消せばいいと考えている場合は、8500円のバッファローからリリースされた「DT-H10/U7」を、デジタル3波・ダビングもしたいという場合は、12500円アイオーデータからリリースされた「GV-MC7/VS」「GV-MC7/VZ」を購入と言ったことでしょうか。


私だったら、アイオーデータの方を選ぶと思いますけどね。


ただ、注意しなければいけないのは、対応OSは「Windows 7」のみであって、従来のOSでは利用できないことと、視聴(リアルタイム・録画番組)や録画をする場合は「Windows Media Center」を利用しなければならない点です。その点に注意して、興味があれば購入を検討してみてもよいでしょう。