あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

GV-MVP/HZ も GV-SC300 も Win7 に対応予定!

私が持っているパソコン向け地デジキャプチャ「GV-MVP/HZ」もワンセグチューナー「GV-SC300」も Windows7 に対応する予定であるとのことです。



○Windows 7 対応製品リスト :I-O DATA / 株式会社アイ・オー・データ機器
http://www.iodata.jp/pio/os/win7/list.htm


DVDドライブ「DVR-UN18GLV」も対応するそうです。また、地デジキャプチャ専用リモコン「GV-RCKIT3」やダウンロード販売された地デジキャプチャのサポートソフトを第1世代シリーズから第2世代シリーズにアップグレードするためのダウンロード販売されたソフト「GV-DL/H2」も対応するそうです。


もう少し言うと、アナログ放送のキャプチャもデジタル放送のキャプチャもワンセグチューナーも、アイオーデータのものは最近のものであれば対応するとのこと。「後日バージョンアップにて対応予定」とのことなので、地デジキャプチャについては同時に不具合なども直してもらえればありがたいですね。あと、安定性の向上も。時期は不明です。

地デジキャプチャの第1世代シリーズは、Windows7 の 32bit のみに対応し、64bit には対応しないとのことなので、この辺は注意が必要です。ただし、アップグレードソフトを購入すれば 64bit にも対応するとのこと。
妙なところで差別化をはかったようですが、第1世代シリーズのみが 64bit に対応しないというのは、Windows7 の導入を期にはじめて買おうと考えて第1世代シリーズを購入した人が、64bit に対応してないんかい!と叫んでしまう展開が予想されますが・・・。
アップグレードソフトも高いので、買うなら高機能で 64bit にも対応している第2世代「GV-MVP/H2」シリーズを購入した方がよさそうですね。


とにかく、「第4世代シリーズは Windows7 対応!」と言って、既存のシリーズで Windows7 に対応するにはアップグレードソフトを買わなければいけないという展開は避けられたようで。


まぁ、私としては今さら Windows Vista から乗り換えるつもりはなく、OSを入れ替えるとなると録画した番組も見れなくなるなど、いろいろ支障が出てくるので、まぁ、Vista で行きますよと言ったところです。もちろん、興味がないわけではないんですけど、その辺のことはどうにもならないので。