あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

DXアンテナ製のHDD/DVDレコーダー「DXRS250」その1



先日、DXアンテナ製のHDD/DVDレコーダー「DXRS250」を購入しました。HDDの容量は250GBですが、とりあえず録画だけしておきたいくらいのものであれば画質を落として録画できるので、LP画質なら150時間近く録画できます。
地デジのほか、BS/CSデジタル放送も受信できるので、これで私もBSを視聴できる環境が整いました。BSアンテナも設置しましたから、これについても後々取り上げてみます。
地上アナログ放送とデジタル放送とでダブル録画もできるので、機能はある程度限定されてはいますが、留守中の録画やBSを受信してみたいという望みはかなえられるので、今後、重宝しそうです。もちろんダビング10に対応しています。

と、YouTubeに書いたことをそのまま貼り付けつつ、特に補足はなし。
だいぶ操作には慣れてきました。編集機能も付いていて、録画番組の前後の不要な部分は削除したり、録画番組中の不要部分を範囲指定して削除するといったこともできます。
チャプターも自動で設定されるので、それを使いつつコマ送りなどしてCMなどいらないところを落としていきます。
この点、パソコン向け地デジチューナーにはない機能なので、ぜひともほしい所ではありますね。録画ミスはB-CASカードの読み取りエラーで1回なったあとは発生していないので、比較的安定しています。レコーダーに慣れてしまうと、たしかにアイオーデータのパソコン向け地デジキャプチャのサポートソフトの不安定さがどれほどか、思い知らされる部分でもありますが(いや、ここまで言うほどではないけれど、明らかにレコーダーのほうがレコーダーとして安定しているって、当たり前か)。

あえて不満な点を言うと、予約録画で複数の番組が連続している場合、たとえば9:30-10:00の予約と10:00-10:30の予約をしている場合、あとにくる番組の冒頭部分がカットされてしまうというのは、こちらとしてはイタい所ですね。こういう場合、手動で前者の終了時間を9:59に合わせるとかする以外に策がないので不便ですね。こちらで指定できればいいのですが、そのような設定はできません。手動だと録画時間の追跡ができませんし・・・。


いいところもありますが、ちょっとしたところが抜けているのはあまりいい感じがしませんね。まぁ、あくまでパソコンを持ちだしての留守中の録画と、BSの視聴・録画のために置いているわけで(あとはどうしても録画したい番組の保険)、当然、アレがでれば頃合いを見計らって購入するつもりですよ。