あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

GV-MVP/HZ また録画データを失うところだった・・・

以前、起動時のディスクチェック(DSKCHK)のおかげで、Gドライブに指定している1TBのハードディスクがデフラグか何かされ、録画データのうち、主に深夜アニメだけが、狙われたかのように消えていきました。
このような悲劇は二度と繰り返したくないため、Gドライブはディスクチェックをしないようにしました。

今回は、ディスクチェックではないのですが、なぜだか15日以降に録画した番組が、10008エラーにより再生できないというトラブルに見舞われました。『魍魎の匣』が~!!
本気でもう、やばいとしか言いようのない展開でしたが・・・

今まで再生できていた番組データが、今月15日以降に録画した番組のみ、mAgicTV ガイドのライブラリに表示されず、困った困った・・・

とりあえず、何もいじらずにパソコンを再起動したのち、原因を探るべく、録画フォルダである「mAgicTVD」フォルダを見てみて、『魍魎の匣』の録画フォルダを参照してみた。
すると、消したはずの番組ファイルと管理ファイル(XURとDGNOファイル)がなぜか残っていた。それとは別に、残しておいたメインの番組ファイルと管理ファイル(XURとDGNOファイル)とで、4つのファイルが入っていた。
とりあえず、それを無視して、本来残っているはずのメインの管理ファイルをエディターで開くと、なぜかNULL文字を検知した。
ファイルの中身は文字化けしていないが、なぜか終わりの方に何文字か半角スペースが残っていたのでこれを削除し、正常なDGNOファイルと同じような書式の状態になったところで上書き保存した。

ためしに、消したはずなのになぜか残っていたファイルを同じくエディタで開こうとしたところ、ファイルは存在しない・・・
エクスプローラーで最新の状態に更新したら、消したはずなのになぜか残っていたファイルは2つとも消滅。本来あるはずのものだけのこった。

ためしに『魍魎の匣』を再生しようと、DGNOファイルをダブルクリック。

すると・・・

正常に再生できました!

なぜか、存在しないはずのファイルが存在していて、しかもあるはずのファイルにNULL文字が入りこんでいた。
でも、NULL文字を消してやったら表示された。

mAgicガイドでも、先まで表示されていなかった15日以降の録画ファイルも、ちゃんと表示され、ちゃんと表示できる。

わけわからないが、結果がよければまぁいいか。早めにダビングしておこうと思う。


ちなみに、昨日は「おはようNBS」と「ふれあいテレビ信州」という自己批評番組が放送され、録画しようと録画予約し、スリープ状態にするも録画されず・・・。
またかよ、ホント、残念なことこの上ない。

この辺の、復帰予約録画の不安定さを、とにかく解消してもらいたい。