あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

スプライトを使ってみよう!

イメージ 1

チュートリアルを1本追加しました。

今度は、キーボード操作で移動できるキャラクター、いわゆる主人公をスプライトという切り絵みたいなものを使ってキャンバスに描画する方法を掲載しました。
GIF画像の透過色はとくになにも指定しなくても自動的に適用されるみたいですね。
アニメーションGIFは、そのままでは1コマ目しか表示されませんけど。

これでよりRPGっぽくなりましたね。壁の上は歩けないように調整してあります。もともと9B版のロングロングRPGの素材を用いながら、移植という形で組んでいるので、調整も簡単です。

それから、前回のものよりもタイル1枚のサイズを25%拡大してあります。これくらいないと、なんか、あれですからね。

キャラクターが少し小さいかもしれませんが、みなさんで調整してください。

課題は、スプライトと位置情報の描画が少々もたつくところでしょうか。微妙にカクカクしているのをなおすことですね。

今後は、ここでのチュートリアルを踏まえた形でRPGを作ってみたいと思います。
みなさんも、サンプルを発展させてRPGゲームなど作ってみてはどうでしょうか。

次回は、他キャラクターの作成と衝突判定、エリア移動なんかも扱ってみたいと思っています。ここまでくると、もはや70%RPGでしょうか?

ある程度進んだら、ロングロングRPGとして適用させて、公開してみたいと思います。




○ 第4章 画面にペイントしてみる「スプライトでキャラクターを表示」
http://asarinomisosoup.web.fc2.com/zaurus/sl_programming_4-4.html