あさりのみそしるダイアリー

非常事態が日常です…そんな時こそ声を上げないと人生ジエンドにゃん(´・ω・`)

【放送事故】日本テレビで予定されていた番組が正しく放送されませんでした

f:id:asarinomisosoup:20201008234614j:plain

 

10月8日21時56分ごろ、日本テレビにて放送が予定されていた「まもなくダウンタウンDX」(22時から始まる「ダウンタウンDX」の見どころを紹介するミニ番組)が、放送されないというトラブルがありました。

放送されなかった2分程度の間は、ピー音の謎の映像と、海の環境映像が放送されました。

 

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

 

「まもなくダウンタウンDX」は、よみうりテレビをキー局として、今日から放送を開始した新番組です。

f:id:asarinomisosoup:20201009001202p:plain

テレビ王国より

https://www.tvkingdom.jp/schedule/102088202010082154.action

 

一部の日本テレビ系列局で放送されるものですが、実際に放送することになっていたのはごくわずかで、たとえば私の地元・長野県のテレビ信州や、愛知県を中心とした中京広域圏の中京テレビは、日テレ系であっても天気予報を放送しています。

 

この時間、日本テレビではこれまで「nextクリエイターズ」という日本テレビ製作の番組を放送していたため、自社内の番組データベースに登録された放送素材を、マスターを通じて関東地区で放送していました。

この番組は、先月下旬で最終回を迎え、先週は別のPR番組を放送、そして今週からよみうりテレビから送られてくる番組素材をネット回線で受けて、定刻に放送する形で「まもなくダウンタウンDX」を放送する予定でした。

 

しかし・・・

f:id:asarinomisosoup:20201009001412p:plain

テレビ王国より

https://www.tvkingdom.jp/schedule/101040202010082154.action

 

日テレの番組表を見ると、タイムテーブル自体は登録されていたものの、肝心の放送素材を受ける体制を十分にとれていなかったのか、放送素材がない状況になっていました。

 

いや、正確に言えば、放送素材は「あった」のかもしれません。

ただ、素材を受ける時間を間違えていたのか、意図しない映像が収録されてしまい、それがそのまま番組データベースに登録され、定刻にマスターを通じて関東地区で放送されたのではないかと思います。

意図しない映像というのが、今回流れた「NETWORK+ピー音」だったということです。

 

f:id:asarinomisosoup:20201009001808j:plain

 

「NETWORK」というのは、番組素材のやり取りをする回線のことです。

ニュースなどの生放送と違って、収録された番組は、放送予定時刻より前に、放送局間をむすぶネット回線を使ってやり取りします。その際、何時から何時まで何の素材をうちから流すので、そちらでその時間帯にデータを収録してくださいといった形で、番組素材の受け渡しをします。

番組素材のやりとりがない場合は、テストパターンを受けることもあります。

つまり、何も番組素材をやり取りしていない時間帯にデータを受けたため、テストパターン(NETWORK)が素材に収録された形です。

 

みなさんに置き換えて言えば、手動で録画予約を入れて深夜アニメを録ろうとしたつもりが、時間帯の設定をあやまってテレビショッピングを録画してしまった、といったところでしょうか。

 

途中から番組が始まるのであれば、謎の映像のまま放送を続けたかもしれませんが、番組素材の本来の受け取り時間と、実際の受け取り時間とを照合して、この素材には一切番組の映像が含まれていないと分かったので、何かあったときのために並走している非常用の「環境映像(海)」に途中で切り替えたのではないかと。(だから一瞬だけ海の前にセミが入ったのではないかと。)

 

番組の長さ分の番組素材はあって、これを送出することができたので、放送自体は停止しませんでしたが、もしこの素材すらなかった場合は、「しばらくお待ちください」といった画面が表示されて、放送が中断したことによる正式な放送事故として取り扱われることになったことでしょう。

あるいは唐突な環境映像でしょうか。さすがに番組素材がない場合はシステムから異常が発せられると思いますが。

 

なので、本来予定されていた番組こそ放送されたなかったものの、CMが放送されないということは無く、ただ予定の番組が「謎の映像と環境映像」に差し替えられたという程度ですんだわけです。

 

テレビ欄にほとんど情報がないケースはままあるのでなんともですが、今回のトラブルの主な原因は、日本テレビ側に「放送局間のネット回線を介して、よみうりテレビから番組を受け取る設定にミスがあった」というのが、私の推測です。

そして、受け取った番組を十分にチェックしなかったというのが、ミスを放送事故へとつなげてしまった第2の原因でしょう。

 

放送自体は継続していたので、日テレ局内で何らかの注意等があるかもしれませんが、放送を所管する総務省などの行政による処分はなく、その程度でおさまりそうです。

 

 

今回はリアルタイムではなく、REGZAのタイムシフトマシンが現象を残していたので、私もあとから確認することができました。

技術の進展で、デジタルなシステムによりほとんどミスが起こらない今、トラブルが起こるとしたら、それはたいてい人為的なミスになります。今回の件も、私の推測が正しければ人為的なミスです。

最近はあまりこのような放送事故はないのですが、人間はミスをするもの。また次も、私が思わず取り上げてしまいたくなるようなミスをおこしてくださいよろしくお願いいたします。(放送事故好きなの。(´・ω・`)

 

参考)昔取り上げた放送事故。

www.asarinomisosoup.com