あさりのみそしるダイアリー

ブラック社員がお届けする一貫しないネタの数々・・・おあがりよ!

マイはんだごてのはなし

昨日はこっちのエントリーで投稿するつもりが、ちがうことに注目がうつっているうちに日付が変わりそうになったので、嘆き記事になってしまいました(´・ω・`)

 

そして、このエントリーもまた時間がない時用に書こうとおもt(ry

 

先日のエントリーでも触れましたが・・・

 

www.asarinomisosoup.com

 

Arduinoをいじるにあたり、電子工作に必須なアイテム「はんだごて」をAmazonで購入しました。これがないとArduinoの世界はほぼほぼ広がりません。たぶん(´・ω・`)

 

実は何年か前にダイソーの20Wのはんだごてを買っていたのですが、使わずに放置。

Arduinoでまた使う機会ができた際、たぶんちゃんとしたものの方がいいのと、こて台もなかったので、セットになっているものを改めて購入しました。

 

しばしば価格が1700円台に変わりますが、私が買ったときは1,688円でした。

 

 

f:id:asarinomisosoup:20190817030747j:plain

カステラみたいな化粧箱

で、これがその現物です。

ケースと呼べるものは特別付属しませんが、強いて言うなら化粧箱そのものがケースですかね。ちょっと高いカステラとか入ってそうな箱に入っています。

 

f:id:asarinomisosoup:20190817031502j:plain

ギッシリつまってます

箱を開けると、はんだごてや付属品がギッシリつまっています。

 

f:id:asarinomisosoup:20190817031658j:plain

入っているもの
  1. はんだごて(こて先あり)
  2. こて台(スポンジ付き)
  3. はんだ吸い取り器
  4. はんだ吸い取り線
  5. はんだ
  6. 交換用こて先(5本)

 

f:id:asarinomisosoup:20190817032151j:plain

いっしょに買ったクリーニングスポンジ

それと、クリーニングスポンジが安かったので、いずれ交換する時がくると思い、あわせ買いしました。送料無料の条件も満たしたかったからね。

白光 クリーニングスポンジ 65mm×47mm 602-029

白光 クリーニングスポンジ 65mm×47mm 602-029

 

 

さて、はんだごての使用感ですが、軽くて持ちやすいです。

ちなみに中学の授業以来の使用です。(工学部卒でメーカー技術職のくせに(´・ω・`)

ただ、温度調節できるのはいいですが、低めの温度だと温まっているのかよくわからないです(´・ω・`)

350度以上にすると、こての持つ部分が目視できる程度に赤く光ります(LEDが内蔵されています)。

まぁ、はんだづけや熱収縮チューブに使う分には今のところ支障はありませんが。

いや、使い方や環境が悪かった説もありますケド(サーキュレーターの風があたる場所で使ってたし。。。)

 

それと、Arduino Nano 互換機を買ったんですが、はんだが乗らねー(´・ω・`)

丸くなります(´・ω・`)(´・ω・`)

 

たぶんこういうのが必要になるんだと思います。

(なぜか2個セットの方が1個の値段より安い)

 

さすがに、はんだごて一式は持ち帰っても、これは買っていても実家には持ち帰れないね。

ガソリン持ち歩くのと大差ないのでは(´・ω・`)

 

無水エタノールは別件で買いました。

無水エタノールP 500ml(掃除)

無水エタノールP 500ml(掃除)

 

 

最初に基盤をこれでキレイにして、フラックスを塗布してはんだづけ、最後に洗浄・・・と、昔中学の「技術」の授業でやった覚えのない工程が多々ありますが、この辺ちゃんとやっていかないとダメなんすかね。現実ダメだったんですケド・・・。

洗浄は無水エタノールでは不十分だという話もあるようですが、とりあえずあれこれそろえるよりは必要に応じて買っていけばいいかなと。

 

少なくともフラックスは欲しいです。

はんだごて探してるときに、おすすめに出てきていましたが、やっぱ必要になるのか。

あわせ買い、こっちにしとけばよかった。まぁ、経験しないと必要性が分からないので仕方ないです(´・ω・`)

 

次は「Arduino Mini 互換機」を直します(´・ω・`)