あさりのみそしるダイアリー

ブラック社員がお届けする一貫しないネタの数々・・・おあがりよ!

ダイソーのタッチLEDライトをArduino初心者が制御してみるテスト(´・ω・`)

ダイソーで108円で売られている、3SMDタッチライトを買いました。

表面実装のLEDが3つ搭載されていますが、商品名にSMDと書かれても素人には何のことやら(´・ω・`)

 

f:id:asarinomisosoup:20190813224035j:plain

3SMDタッチライト

もうこの程度のものなら、大きさとか関係なく108円なんですね。

10月になったら110円か(´・ω・`)

 

USBハブも108円でした。品質は知らんけど、価格崩壊やー(´・ω・`)

 

f:id:asarinomisosoup:20190813224252j:plain

白い部分をプッシュすると光り、もう一度プッシュすると消えます。

電池が手元にないので試していませんが(´・ω・`)

 

f:id:asarinomisosoup:20190813224344j:plain

プッシュ部分を取り外してみた

ねじを4本取って、プッシュ部分を取り外してみました。

紙の台紙が出てきました。あー、なんか安っぽい(108円)

 

黄色いのがSMDのLED、手前のがプッシュボタンです。

 

 

f:id:asarinomisosoup:20190813224529j:plain

裏面

裏面です。電池のふたと、壁掛け用の穴が見えます。

4つある丸い穴は、ネジ穴です。

 

f:id:asarinomisosoup:20190813224617j:plain

電池を4つ入れて動かします

フタを取り外すと、電池を入れる部分が見えます。

単3電池×4本なので、標準では6Vで駆動しているようです。

 

f:id:asarinomisosoup:20190813224816j:plain

台紙をめくると・・・

台紙をめくると配線が見えます。

すごく単純で分かりやすいです。ハードウェア素人が最初にぶっ壊すのにふさわしいですね。

 

f:id:asarinomisosoup:20190813224923j:plain

SMDなLED

この辺も大きな基板上に2本の電源ケーブル、GNDケーブルが来ているだけなので分かりやすいですね。

 

f:id:asarinomisosoup:20190813225019j:plain

穴をあけたい

Arduinoで制御するために、電源系とLED点灯系の2系統のラインを外に出したいので、水色のケースに穴をあけたいですね。どうしようか?

 

f:id:asarinomisosoup:20190813225747j:plain

ここにはんだごてがあります

さて、ここにはんだごてがあります。

実家に持ち帰ってきました(´・ω・`)

 

f:id:asarinomisosoup:20190813225850j:plain

こてで穴開けた(´・ω・`)(こら

はい(´・ω・`)

絶対にはんだごてによくないのと、溶かしたけむりも体に良くないので、ちゃんと穴をあける器具を使いましょう。

 

f:id:asarinomisosoup:20190813230017j:plain

こて掃除

付着したプラスチックをきれいにふき取りました。

 

f:id:asarinomisosoup:20190813230057j:plain

・・・セーフ?

Amazonで買った激安はんだごてですが、大事に使おうよ。。(´・ω・`)

 

 ちなみに、私が使っているはんだごてはこれです。

使っているというか、まだ数回しか使っていないんですが。

 

 

f:id:asarinomisosoup:20190813230145j:plain

ケーブル入れ替え

基盤についていた赤色、緑色のケーブルは、はんだごてではんだを溶かして取り外しました。

かわりに、LED系統用にケーブルを2本、基盤に取り付けます(オレンジのやつです)

 

f:id:asarinomisosoup:20190813230334j:plain

ケーブルを外に逃がします

先ほど開けた穴にケーブルを通します。

緑と赤のケーブルは、もともと中の基盤についていたケーブルです。

 

f:id:asarinomisosoup:20190813230509j:plain

ケーブルの加工

 

短いジャンパーケーブルを切って、外に逃がした4本のケーブルにつけます。

熱収縮チューブでちゃんと固定しておきます。もう一回り径の小さいやつの方がよかったかもですが、手元にないの(´・ω・`)

 

f:id:asarinomisosoup:20190813230432j:plain

ブレッドボードにつけられるやつ

これでブレッドボードにつけたり、Arduinoにぶっさしたりできます。

熱収縮チューブははんだごてで収縮させましたが、そもそもこれが初熱収縮なので、まぁこんなもんでええやん(´・ω・`)

 

 

f:id:asarinomisosoup:20190813230816j:plain

13番とGNDにLED系のケーブルをつなぎます

さて、ここからArduinoの出番です。

コンパチでぃーのですけどね。

13番とGNDにLEDから延ばしたオレンジのケーブルをつなぎます。

最終的に光る方でつなげばいいです(てきとー

 

ちなみに、私が買ったのはこのいろいろついてくるやつです。

普通に動いて、Win10 / Arduino IDE で問題なく認識できています。

付属CDのドライバは使っていません。

 

 

f:id:asarinomisosoup:20190813231036j:plain

本当はGNDを緑色にしたかったの(´・ω・`)

ジャンパーケーブルのかたわれ、本当はGND側を緑色にしたかったのに、あまり意識しないでつけちゃって、50/50の確率ではずれをひきました(´・ω・`)

 

・・・まぁ、いいわ。短いので再加工する気にもならない。

 

f:id:asarinomisosoup:20190813231155j:plain

ArduinoでBlinkのスケッチブックを開き、実行してあげます。

そうすると、ブレッドボードでLEDを使った例と同じように、ダイソーLEDが点滅してくれます。

 


ダイソーのタッチLEDライトをArduinoで制御してみるテスト

 

USB給電のため、約5Vと電池4本よりも電圧は低いですが、けっこう明るく光ってくれます。

また、LEDのほか電池ボックスやスイッチもついてくるので、108円でもけっこう至れり尽くせりというか、上の例では赤・緑の電源系を使っていませんが、電池ボックスから給電してArduinoを動作させることもできるので、照度センサーとか人感センサーとかを実装して制御してみると、いろいろたのしめるかもしれませんね。

 

とりあえず、夏休みの自由工作ということで、Arduinoで制御可能な高輝度LEDライト&電源スイッチと電池ボックスセットを試しに作ってみましたー(´・ω・`)